バイナリーオプション自動売買ソフト”最低動作環境”

OS Windows10
CPU Core i3以上
メモリ 4GB以上
ストレージ SSD(空き容量不明)
その他 専用化

バイナリーオプション自動売買ソフト”推奨動作環境”

OS Windows10
CPU Core i5、i7ー8世代
メモリ 8GB以上
ストレージ SSD(空き容量50GB以上)
その他 デスクトップPC推奨
備考 専用化

管理人動作環境

OS Windows10 Pro 64bit
CPU Core i7-7700K,8086K
メモリ DDR4 2666 32GB,64GB
ストレージ SATA3 SSD 480GB, M.2 PCIe Gen3 NVMe 1TB
GPU GeForce GTX1050Ti 4GB
その他 デスクトップPC(自作)
備考 専用化

残り物をかき集めたPCだが、そこそこの画質でゲームも楽しめるミドルスペックPC
自動売買専用としているが、完全にオーバースペック気味
またCPUは定格クロック使用でも結構な発熱・消費電力であるため、24時間稼働では電気代にやや不安がある(省電力仕様のCore i7 7700Tや8700TなどのCPUが良いが電子部品不足による供給問題があるため現在入手不可)
完全専用としているため、マザーボード・グラフィックボードのドライバーなど必要最低限以外は何も入れていない状態

回線速度は下り500Mほどで安定

HIGH LOW SE稼働中のタスクマネージャーを確認
こちらに関しては素人同然の知識しかない管理者であるが、IE・MT4でメモリ容量を食っているイメージだ
メモリ容量に依存するタイプのソフトウェアである可能性が高い(自動売買全般に言える話ではある)


ここまでダラダラと語ったものの、
結構重いとされている、高機能トレーディングソフトkabuステーションの推奨スペックを満足していれば、まず問題はないだろう

 

販売者はノートPCを推奨しているが、理由は不明
そもそもノートPCは24時間連続稼働させるような代物ではないし、デスクトップPCほど耐久性もない
やはり長時間安定した動作を求めるのであればデスクトップPC以外の選択肢はない
省スペースを求めるのであれば、Mini-ITXなどのマザーボードを搭載した小型デスクトップPCに15インチモニターセットでも良い
極論になるが遠隔操作ソフトなど初期セットアップさえ済ませてしまえばモニターは必要ない

余談だがインスタLIVEでCore i9搭載のノートPC買いました!って方を見かけたが、発熱だけには十分注意してもらいたい。ハイエンドノートPCほど発熱問題が顕著となり、長時間運用による動作不安定に陥りやすい
最低限、ノートPC冷却クーラーを使った方が良いだろう。かなり煩くはなるが。

以下、駄文となる(完全に自己満足の世界だ)

先週末、PCを1台新規制作

電子部品供給不足でなかなか手に入らなかったi9-9900Kを破格($410)で入手できた

今回はMni-ITXを使用した小型マシンを作成(グラボ1080Ti,メモリ32GB,SSD M.2 1TB)

自動売買にはあまり余る性能であるため、メイン機(検証・バックテスト用)として使用

 

他自動売買で使用しているPC紹介

下記はHIGHLOW SE専用PC

CPUを i7-7700Kからi7-8086Kへアップグレード、メモリ16GBから32GBへ変更、SSDをmSATAからM.2へ変更、グラボなし

 

こちらは、他自動売買専用

構成はi7-7700K(OC)、グラボ1050Ti、メモリ64GB、SSD M.2

 

 

ちなみに一台あたりの電気代は24時間稼働させた場合、月2000-4000円となる

実に痛い出費である